日本MOT学会 -Japan MOT Society-

お知らせ

HOME > お知らせ > アカデミックフェス2018 「企業トップの考えるダイバーシティ・マネジメント」 のご案内

お知らせ

NEWS RELEASE

アカデミックフェス2018
「企業トップの考えるダイバーシティ・マネジメント」
のご案内


平素は深いご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さてこのたび、明治大学主催「アカデミックフェス2018」において、情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター共催、内閣府男女共同参画局・千代田区後援で、連続講演「企業トップの考えるダイバーシティ・マネジメント」を開催する運びとなりました。
 本イベントでは“ダイバーシティ・マネジメント”に積極的に取り組む一流企業の経営者5名による連続講演と、私、牛尾のファシリテートによるQ&Aコーナー、さらに講演前には牛尾ゼミの学生たちによる各企業の紹介も兼ねたプレゼンもございます。充実したプログラムとなっております。みなさまふるってご参加ください。

アカデミックフェス2018 企業トップの考えるダイバーシティ・マネジメント

【日時】2018年11月23日(祝・金) 11:30-18:40(開場11:00)
  【会場】明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール 
【主催】明治大学
【共催】明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター
【後援】内閣府男女共同参画局、千代田区
【コーディネーター】牛尾奈緒美(情報コミュニケーション学部専任教授・広報担当副学長)

【主旨】
 かつての日本企業においては男性、日本人、正社員を中核とした同質的組織の凝集性が経営の優位性を担保してきた。しかし、今日では人口減少社会のもと、AIやIOTなどの情報化、経済のグローバル化が進展し、ESG、SDGsへの対応やコンプライアンス重視の経営が求められるなど、企業をとりまく環境は大きく変化し、従来型の経営手法、人材管理のあり方では整合性がとれない状況となってきた。
 そこで、本企画では近年注目されるダイバーシティ・マネジメントの考え方について、先進的取組を行う企業のトップ経営者5人の方々から直接話を伺っていく。
 ダイバーシティとは、人種や性別、性的指向、障がい、年齢などに関する違いのほか、一人ひとり異なる価値観や能力、経験、知識など、いろいろな意味での多様性を指す。5人の経営者の方には、多面的な視角から、ダイバーシティ経営の意義、極意や難しさについて持論を展開していただく。

【当日のプログラム】
11:00-
開場
11:30-12:40
第一生命ホールディングス・第一生命保険株式会社 代表取締役会長
渡邉光一郎
13:00-14:10
株式会社丸井グループ 代表取締役社長
青井浩
14:30-15:40
株式会社ポーラ 代表取締役社長
横手喜一
16:00-17:10
アクセンチュア株式会社相談役(前社長・会長)
程近智
17:30-18:40
株式会社ミライロ代表取締役社長
垣内俊哉

※入場無料、事前申込制。お申し込みは、下記URLからお願いいたします。
https://goo.gl/forms/wy8NbSdYHJ5T7Xy73

※詳細は、PDFや本センターHPもあわせてご参照ください。
http://www.meiji.ac.jp/infocom/gender/

ご不明な点等ございましたら、お問い合わせは、下記、情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターまでよろしくお願いいたします。みなさまのご参加をこころよりお待ちしております。

明治大学情報コミュニケーション学部専任教授・明治大学副学長(広報)
牛尾奈緒美